スポンサードリンク

石川遼の広報窓口にJGTO

石川遼の広報窓口を日本のプロゴルフツアーを主管する日本ゴルフツアー機構・JGTOが担当するようだ。

石川遼が2007年5月20日に行われたマンシングウェアKSB杯で世界最年少でツアー優勝して以降、過熱するハンカチ王子フィーバーに石川遼が通う杉並学院が困惑していることを受け、日本ゴルフツアー機構・JGTOが全面協力することを決断し、石川遼の取材依頼からテレビ出演までJGTOが責任を持って仕切り、石川遼が18歳になってプロ転向するまでの3年間日本ゴルフ界の金の卵である石川遼を大切に育てることとしている。

石川遼が5/20に世界最年少優勝して以来、毎日が激動のように過ぎていった。

石川遼が優勝した翌日の5/21はTV局での生出演、5/22が優勝後初登校しパニック、5/23は安倍首相と対面、5/24は地元である松伏町で表彰、5/25は埼玉知事を訪問、そして5/29は杉並区から表彰と石川遼は15歳の現役高校生ながらハニカミ笑顔を絶やさないハードスケジュールをこなしている。

そんな石川遼を潰さないためにSOS信号を発した杉並学院にJGTOが救いの手を差し伸べたわけだ。

石川遼がプロ転向されるであろう3年後までは停滞する男子プロツアーからのスポンサー離れはこれで解消すると見られている。

スポンサードリンク