スポンサードリンク

石川遼は遠距離通学

石川遼は遠距離通学だった。

石川遼の自宅は埼玉県の松伏。

そこから東京都内の杉並学院高等学校まではそれほど遠くなさそうだが、ルート的に実はかなりの遠距離通学なのだ。

石川遼はまず朝6:20分ごろ自宅をお父さんの車で出発。

向かう先は千葉の流山市付近の駅。

ここに6:40ごろ到着する。

そこから石川遼は1人で電車で秋葉原を経由して杉並高等学校の最寄の駅まで電車通学し、高円寺の駅から徒歩で約8分かけてようやく学校に到着する。

埼玉県松伏の自宅を出てから約1時間半かかってようやく到着だ。

石川遼は学校が終わるとまた同じルートで千葉県流山の駅まで戻る。

ちなみに流山−高円寺の往復代は1520円。

学割を使って1ヶ月の料金は18120円とかなりの負担だ。

さて、流山駅についた石川遼はそこからまた親御さんの運転する車で今度は千葉県野田市のゴルフサロン・セラという打ちっぱなしの練習場へ向かう。

そして石川遼はそこでお父さんをコーチに夜10時までの約3時間500球を打ち込む。

石川遼はこの生活を毎日繰り返しているわけだ。

石川遼が15歳で男子プロゴルフツアー史上最年少優勝を果たした陰にはこういった努力が隠されていたのだ。

これからもがんばれ!石川遼!

スポンサードリンク